老眼のチェック方法!すぐに実践できるテクニックをご紹介

歳と共に表れる目の衰え

健康への目の症状の影響

女の人

我々は毎日、目を使わないで生活する時間帯は睡眠中くらいですが、ネット社会となり、パソコンや携帯端末機器を長時間使うようになって健康面で一段と目を酷使するようになっています。しかしながら、ものを見る際、目の毛様体筋で水晶体を引っ張ったり、緩めたりして焦点を網膜に合わせているわけですが、この毛様体筋は身体すべての筋肉と同じように歳を取るにつれて動きの衰えてくることが避けられません。この筋肉の動きが悪くなり、水晶体が硬くなってくると新聞や雑誌類の細かな文字が読みづらくなってくる症状が老眼と言われる目の衰えです。40歳前後からこの症状が表れてくるので眼科でチェックを受けると進み具合が分かります。ただし、生活スタイルや食事内容等の影響を受けて個人差があるようですから老眼の症状が軽いと気付きにくいし、認めたくないことでもあるようです。従って、日常生活で老眼の症状が出ている人は細かい文字を読もうとする際に目を近づけたり、遠ざけたりしながら細かい字が読めるよう、距離を調節しているはずです。結果的に我慢して生活していると毛様体筋が引っ張った状態と緩んだ状態を繰り返すことで目の周囲に疲れを感じることになってきます。放置していても生活できますが、表情が生き生きとせず、美容上良いことは何もないようです。パソコンや携帯端末機器を長時間使う人や新聞、雑誌の文字が見えにくくなった人は眼科でチェックを受けなくても老眼の度数診断表を使って自分で簡易チェックすることもできます。街へ買い物に出かけてスーパーの商品棚に書かれている値段を読み間違ったり、日が陰ってくると暗く感じたりするようであれば早めに眼科を受診し、老眼の進み具合をチェックして老眼鏡を用意した方が健康面でも支障を来さないで済みます。老眼鏡をかけることに抵抗があるなら最近は老眼コンタクトも売られているようです。

早めの対策が基本

男の人

今若い世代に広がっている、スマホ老眼という目の症状を聞いたことがありますか。通常の老眼は、近い場所にあるものが見えにくくなる老化現象の一つで四十代から増加します。一方、スマホ老眼は老眼と同じ症状が老化の起きにくい30代以前の若い世代や、子供にまでおきていて現代病の一つともいえるでしょう。これはスマホを至近距離で集中して長時間みることで、目の筋肉の一つである毛様体筋や光を調整する虹彩筋が疲労し、目の調整機能が落ちピントが合わない状態です。もし気が付くとスマホを見ているタイプなら、スマホ老眼のチェックテストをしてみて確認してみるとよいでしょう。スマホ老眼のチェック項目は、近くの物が見えづらいことや、なかなか目のピントがあわず小さな文字が見えづらいことなどがあります。またそれ以外にも身体症状のチェック項目として目のかすみや眼精疲労、更に肩こりや頭痛などがあります。若い世代で起きるスマホ老眼は、進行も早く悪化しやすいので、チェックリストで引っかかる項目が多ければ、スマホを長時間連続で見ることをやめ、画面を見るときは40センチ以上離れてみるなど対策しましょう。また対策用のスマホ老眼専用サプリメントも人気を呼んでいます。こういったサプリメントは目にいい栄養分であるアントシアニンやルテイン、またはその他の栄養素をギュッと含んでいて、簡単に毎日体の中からスマホ老眼を改善してくれます。スマホ老眼は、デジタル社会である現代の新しい病気の一つです。早めの対応で悪化を防ぎすっきりとした毎日を送りましょう。

目の老化を遅らせる方法

男の人

老眼とは、目の中の水晶体が加齢とともに弾力が失われ、水晶体の厚みを調整することが難しくなり、手元や近くが見えにくくなることを言います。老眼は目の老化現象なります。老化現象から逃れることはできません。でも、老化現象を遅らせることはできます。自分で近くの見え方をチェックし、進行を遅らせることが必要です。その方法はいくつかあります。その一つ目は紫外線を避けることです。目の水晶体は紫外線を浴びると、フリーラジカルという活性酸素が発生します。水晶体のたんぱく質はその活性酸素により酸化し、弾力を失います。弾力を失うことは老眼につながるので紫外線は避けるべきです。サングラスの使用が効果的です。薄い色のサングラスが紫外線を避ける効果が高いので、薄い色の物を選んでください。物を購入する時は色のチェックをするだけでなく紫外線を防ぐ数値もチェックすべきです。顔に当たる紫外線は帽子などでさけてください。二つ目は緑黄色野菜を摂取することです。活性酸素が目の水晶体を酸化させ弾力を奪っていきます。活性酸素は紫外線だけではなく、食品を摂取することでも発生します。そこで、活性酸素が出にくい食品や活性酸素を取り除くことのできる食品を取ります。抗酸化物質であるビタミンB群・C・E・βカロテンまたはルテインが含まれている食物、特に緑黄色野菜を摂取すべきです。ルテインについてはサプリメントもあるのでこれも活用すべきです。三つ目はメガネで目の負担を軽くする方法になります。老眼が進行している初期の段階で気がつくことは難しいものです。そして、目に負担をかけるため眼精疲労になります。近くが見えにくい段階なのでメガネは必要ないと考える方もいますが、目の状態に合わせたメガネをかけるだけで目の負担が減り、老眼の進行を遅らせることができます。そこで見えにくさを感じたら、眼科で目の状態をチェックし相談することが必要になります。

目が悪くなったと感じたら

メンズ

老眼のチェック方法はいろいろありますが、口コミでも注目されているのはネット上にあるチェック項目を見るか眼鏡屋さんなどでチェックシートをもらってくることです。簡単に自己診断ができるので、使いやすいやり方です。

もっと読む

特徴と共通点とは

メンズ

老眼は誰もが起こる老化現象の一つです。普段からのセルフチェックをしておくことで早期発見に繋がり進行を抑制する事ができます。近視の方は気づきにくいといわれていますが、ストレスをためない生活や運動をしたり工夫する事で予防に繋がります。

もっと読む

歳と共に表れる目の衰え

女の人

40歳以降になると目の毛様体筋の衰えにより、水晶体が硬くなって網膜に細かな文字の焦点が合わなくなる症状が表れてきます。なので、眼科で老眼の進行度合いをチェックしてもらい、老眼鏡を用意しましょう。そうすることで、気持ちが生き生きとし、健康に良い影響を与えます。

もっと読む