老眼のチェック方法!すぐに実践できるテクニックをご紹介

目が悪くなったと感じたら

近くが見えない症状

メンズ

もし最近目が見えにくくなったと感じているなら、それは老眼の始まりの可能性があります。老眼は近くが見にくくなるので、チェックを行う時には新聞など細かい文字を使って行うのが基本です。新聞からある程度離れても文字がぼんやりする時には、老眼が進行している可能性が高いからです。いくつかの自己チェック方法がありますが、設問に答えていくだけで老眼の進行度を知ることができるものもあります。もちろん設問だけで行えるのはあくまでも自己チェックだけですが、老眼鏡を作ろうと考えているのであればヒントにはなります。インターネットなどでよく利用されているのは、簡単なテストです。新聞の文字が見にくくなっただけではなく、肩こりや頭痛が起こりやすくなったかどうかなど一見老眼とは関係なさそうなチェック項目が並びます。目のピントが合わない時には肩こりなども起こりやすくなるからです。それほど多くの質問に答える必要はないので、手軽に老眼チェックができると評価が高い方法です。また、このチェックを行うには眼鏡屋さんや眼科などでチェック表をもらってくることもできるのでインターネットが苦手な人でも問題がありません。軽度の老眼かもしれないと考えている場合には、まず自己診断をしてみましょう。何か老眼以外の問題があるかもしれないなら、眼科に訪れるのも有効です。口コミなどを確認して気になる症状がある時には、プロに相談することで詳しい問題が分かります。

自宅で簡単ピント確認

ウーマン

前より新聞の文字が見えない、手元がぼやけてしまうと感じたら、それは老眼かもしれません。人間の目にある水晶体は英語で「レンズ」と呼ばれています。その名の通り、カメラのレンズと同じ役割を果たしています。遠くの物を見る時、レンズはキュッと力を入れて薄くなり、近くの物を見る時はふわりと脱力したような状態で厚みを持ちます。水晶体は本来柔らかく、薄くしたり厚くしたりは自由自在です。しかし、老化により硬くなってしまった水晶体は段々とその機能が衰えてしまいます。そのせいでピントが合いにくくなり、見えづらくなる。これが老眼です。自分が老眼かもしれないと感じたら、まずは今すぐ出来るセルフチェックをしてみましょう。チェック方法はとても簡単です。人差し指の指紋がある面を自分の鼻の前あたりに出します。そして指紋を見つめながら指を徐々に顔から離していくのです。指紋が一番鮮明に見える位置に来たら指を止めて下さい。この、ピントが一番合う位置のことを「近点」と呼びます。近点までの距離が30センチを超える場合には老眼かもしれません。近点は10歳で平均7センチ、20歳で10センチと歳を重ねると長くなります。40代後半にもなると平均は30センチを超えるという研究結果もありますから、その頃には多くの人が老眼症状を感じているという事になります。老眼には「手元が見えづらくなり、物を離して見るようになる」というイメージがありますが、始めに記述した通り老眼はピント調節の衰えです。手元だけではなく全体的に見えづらく感じる場合もありますから、セルフチェックで老眼を疑った場合は一度眼科専門医にチェックして貰ってみるのも良いかもしれません。

眼科で受けよう

女性

近くのものが見えなくなったら老眼だと疑ってみることをおすすめします。自己チェック方法はたくさんありますが、やはり眼科で検査を受けた方がより老眼かどうかを確実に判明します。病院で受ける検査にはさまざまなものがあります。たとえば、視力検査です。学生時代に行った検査とは種類が異なります。専用のメガネを使ってどのように対象物を見えているかを評価します。正確にチェックするためにレンズを頻繁に入れ替えながら視力チェックを行います。ほとんどの場合はこの検査で老眼かどうかは判断されます。また、細隙灯顕微鏡検査という検査方法もあります。これは専用の機械で目に光を照射して角膜や結膜に問題がないかを調べます。老眼だと疑っていたら目の異常だったということもあります。それから、眼圧検査という検査もあります。これは目に風を吹きかけて目がどれくらい水を産生するかをチェックします。緑内障かどうかを判定するのにも使われます。さらに、波面センサーによって行う検査もあります。機械に現れる絵を瞬きすることなく見続けることで、目の角膜がどのような状態かや屈折力を調べられます。他にも、オートレフラクトケラトメーターを使った検査もあります。老眼かどうかを正確にチェックするにはこういった検査方法を組み合わせるのが一般的です。近くのものが見えにくくなるのは何も老眼によるものばかりとは言えないからです。老眼か気になる人はぜひ病院の眼科で調べてもらいましょう。

目が悪くなったと感じたら

メンズ

老眼のチェック方法はいろいろありますが、口コミでも注目されているのはネット上にあるチェック項目を見るか眼鏡屋さんなどでチェックシートをもらってくることです。簡単に自己診断ができるので、使いやすいやり方です。

もっと読む

特徴と共通点とは

メンズ

老眼は誰もが起こる老化現象の一つです。普段からのセルフチェックをしておくことで早期発見に繋がり進行を抑制する事ができます。近視の方は気づきにくいといわれていますが、ストレスをためない生活や運動をしたり工夫する事で予防に繋がります。

もっと読む

歳と共に表れる目の衰え

女の人

40歳以降になると目の毛様体筋の衰えにより、水晶体が硬くなって網膜に細かな文字の焦点が合わなくなる症状が表れてきます。なので、眼科で老眼の進行度合いをチェックしてもらい、老眼鏡を用意しましょう。そうすることで、気持ちが生き生きとし、健康に良い影響を与えます。

もっと読む